ろうきん審査はキビシイ?

『ろうきん』、労働金庫って自分には縁がない気がしてたけど、一般人でも利用することができるんですね。

もちろん、まずはろうきんに出資し、加入している労働組合、互助会、共済会などに所属している会員、同じく消費生協の組合員ですが、いくつかの条件を満たしている一般の人も利用できるんです。知らなかったなぁ。私がろうきんを利用したことあるのって、アパート代の振り込みのときぐらいだな。学生時代に一人暮らししていたアパート代の振込先がろうきんの口座で、私のメインバンクからそのまま引き落とすと手数料が取られるから、毎月直接振り込みに窓口へ行っていたのです。

会員しか利用できない会員限定ローンもあるけど、一般の人ができるいろいろなローン商品があります。自治体との提携ローンというのもありますね。

でも、ろうきん審査は会員じゃないと、キビシそうだなぁ。

住宅ローンだと、かなり審査の厳しいほうに入るらしい。金利が他の銀行とくらべて安かったり、繰越返済手数料が無料だったりするので人気があり、借り手が多いので、強気な審査なんだって・・・。ろうきんは、『労働金庫法にもとづいて非営利を原則に公平に民主的に運営されている』そうです。営利を目的としていない分、金利が安いのかな。