クレジットカード審査の意味

クレジットカード審査通過の基準というのは、発行するクレジットカード会社によって異なります。
そして、はっきり公表されている訳ではありません。
それでも、一般的なクレジットカード審査での最低限の基準と言われているものは、信用情報のクレジットヒストリーに延滞など事故情報が存在しない事、安定した収入がある事、勤務年数、居住年数が1年以上である事などです。
ただし、これはあくまで目安です。
というのも、例えば、クレジットカードを利用したことがない人(クレジットヒストリーがない人)は逆に審査評価が下がったり、年収が多いのにもかかわらず、他の原因で審査に通らないこともあります。
そして、収入に関しては、最低限安定した収入があることが第一に求められています。
しかし、主婦や学生などは、配偶者や親に収入があれば、本人に収入がなくても発行されるカードも存在します。
また、ほとんどの学生向けのカードは、審査条件を甘くして、利用上限額を10万円~30万円など低い額に設定しています。
クレジットカードは、とにかくその人の信用を元に成り立っている商品のようなものです。
たくさん記入欄があり、面倒だと思っても、誠実に申込書を書くことが1番です。